ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大脱走 Part 2

1年ほど前、チョコを散歩に出したときのこと。うっかり長時間になり慌てて迎えに行ったが姿が見当たらない。散歩に出していた部屋はベランダに面しており、ハッと思って駆け寄ると、網戸に小さな穴が開いている。
 「ここから逃げたんだ…」。懐中電灯でベランダを照らしてみたが見つからない。ああ、どうしよう、お隣に行ってしまったのだろうか。チョコは茶色いから、どぶねずみと間違われるかもしれない(よく見れば全然違うんだけど)。朝まで待っていたらカラスに食べられてしまうかもしれない。
 私は網戸の前に座り込んだ。チョコ、ごめんね、もっと早くケージに戻していれば……後悔で頭がぐるぐる回っていた。そのとき、気配を感じて右側を見ると「何、何? 何があったの?」という感じでチョコが床に座っていた。外に逃げたわけではなかったのだ。ケージに戻されたチョコがたっぷりおやつを貰ったのは言うまでもない。

チョコが床を走り回れなくなった今となっては懐かしい思い出となってしまったが、チョコの孫である「リンダ」が、とうとう外に脱走した!
 息子に部屋を掃除させたとき、ほこりが舞うので「窓を開けて」と言った。そのとき、息子は網戸まで開けてしまったらしい。今日はリンダのケージが汚かったので掃除したが、その際、ケージ(組み立て式)がバラバラになってしまったので組み立て直した。そのとき、うまく組み立てられずに隙間ができていたのだった。
 餌用のトウモロコシを茹で、チンゲンサイを小さくちぎっている間に、リンダは脱走した。そしてそのままベランダに出てしまったのだ。ベランダに出ると、リンダがいるのがわかった。しかし左側のお隣まで逃げて行ってしまった。長期戦を覚悟し、餌入れを置いて待つ。リンダが戻ってきた。

ここで問題なのは、リンダという子の性格である。チョコの血を引いているとはとても思えない気の荒さ。キャンベルは気が荒いと言われているが、今まで何十匹というキャンベルを手なづけてきた私は、そのうち馴れるさ、とたかをくくっていた。しかしリンダは馴れてくれなかった。ケージ越しならばおやつも食べるが、ケージに手を入れた途端にガブッと噛む。私の「ハム飼い」としてのプライドを木っ端みじんにした子である。
 ハムスターは外来種だし、戸外で生き延びるのは不可能である。何が何でも捕まえなければならないが、噛まれるのが怖くて手が出せない。そこで軍手をはめて捕まえようとしたが、小さい上に動きが素早いので、掴み損ねて逃げられてしまった。
 何か被せて動きを封じるしかない。部屋を見渡したが適当なものがなく、思案していると、またリンダが戻ってきた。ええい、こうなったらこれだ! 一番手近にあった息子のTシャツを掴んで、Tシャツごと捕まえた。リンダが怒ってもがいているのが手に伝わってくるが、放すわけにはいかない。

かくして、リンダ捕獲作戦は成功した。ま〜ったく、外に出たっていいことなんてありゃしないのに。ケージを組み立て直してリンダを入れた。さっき出て行ったところと同じ場所によじ上って逃げようとしていたが、すでに隙間はない。私は安心してリビングに戻った。

ところが。チョコの様子を見るため再びハム部屋に戻ると、またリンダがいない! 今度は堂々と扉を押し開けて出て行ったようだ。なんちゅー馬鹿力。窓は閉まっていたので、ほどなく(またTシャツの助けを借りて)リンダは摑まったが、同じケージに戻してはまた逃げられる。古いケージを引っ張り出してきて、引っ越しさせることにした。二度と脱走させないぞ〜!

お仕置き中のリンダ→f0061021_22524594.jpg

f0061021_22533241.jpg

f0061021_23283766.jpg


静かに夕飯を食べるチョコ(リンダに比べると年をとったのがわかる)f0061021_23294543.jpg
[PR]
by slycat | 2006-05-29 00:05 | ハムスター
<< 老いてこその力 代わってやりたい >>