ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


逃げない生き方

歴史的勝利があれば,その陰には必ず歴史的敗者がいるのだな,と思った昨日の全豪オープン準決勝。しかし,その日の‘post match conference’に臨んだロディックは,とても立派だったようだ。

見るのがつらいほどだった試合の後で,一体何を聞くの,どうして追い討ちをかけるの,と思うのだがジャーナリストという人たちは,ある意味勇気のある人種である。「試合がああいう風に終わって,今ここにいるのはどんな気持ち?」なんて……そりゃぁ,本音を言えば聞いてみたいけど,とても口に出せないね。
 ロディックの答えは“It was frustrating. You know, it was miserable. It sucked. It was terrible. Besides that, it was fine.”。frustratingはともかく,miserable,suckが出てくるというのはつらい。それでも「ほかはよかった」と冗談(?)が言える彼に感心する。

面白かった,というより読んで嬉しかったのは,記者の「この記者会見に出ないためだったら,いくらくらい払ってもよいと思いますか?」という質問に対する答え。“That's about the best question that's been asked. ”と軽口を叩きながら,

“Well, I mean, I can't really say an amount because I would have gotten fined, what, 20 grand. Obviously, it would have to be less than that, right, if we're thinking logically? It really wouldn't be about the money; it would be about running away and not facing it.
 I would pay a lot of money if everyone would just make up stuff that I said and pretend like I was actually here. That would be fine. My dad didn't raise me to run away from it, so here I am.

お金の問題ではなく,「父は僕を(物事から)逃げるようには育てなかった,だからここにいるのさ」という言葉。ちょっと感動した。ロディックという人がとても好きになった。

何万人という観衆の前で,また全世界がテレビやインターネットを通じ固唾を呑んで見守る中で,悪夢のような負け方をしたのである(サフィンやヒューイットは,彼に比べればもう少しマシな負け方をしたときに記者会見をスキップしてすさまじい額の罰金を支払ったことがある)。大恥をかいたわけだし,悔しいというよりは情けなかったに違いない。まだ24歳。人前で泣いたとしても誰も責めなかっただろうと思う。

しかしロディックは会見から逃げなかった。いつものように意地悪な質問が飛び交うことがわかっていても。あの大きな大きなアメリカという国で,何千何万というテニス選手志望者を退けてNo. 1になっただけのことはある。力や身体能力に優れているだけではない,選ばれし者のプライドを見た。

ATPの罰金はべらぼうだと思うものの,こういうコメントを引き出して若い人,子供たちの生き方に光を与えてくれるのであれば,記者会見には罰金分の意義がちゃんとある,というものだ。
 今後,自分の子も試験に落ちたり競争に負けたり,逃げ出したくなるときがきっとあるだろう。そのときに思い出してもらいたい,昨日のロディックのこと。

ちなみに,試合直後,コーチのジミー・コナーズは何と言ったんですか?という質問に対する答えは,「ビールをくれたよ」。
 コナーズもちゃんとわかってるね。
[PR]
by slycat | 2007-01-26 11:20 | テニス
<< ゴンザレスは奇跡を起こすか? つまらない全豪オープン >>