ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


忘れていてごめん

全仏に興味がなくなった、などと書いてしまったが、大事な人を忘れていた。このところ怪我でさっぱり姿を拝めずにいた、ダヴィド・ナルバンディアンである。グランドスラムではひとつもタイトルがなく、マスターズ・シリーズでも優勝経験がなく、なのになぜかマスターズ・カップのトロフィーを持つ男。凄い才能があるのに、いつも張り出し横綱のような位置にいる、不思議な存在。
 彼のバックハンドは素晴らしい。深いダウン・ザ・ラインが決まった日には、心臓がぎゅぎゅっと収縮しちゃいそう。現在の男子トップ選手の中で、バックハンドに魅力を感じるのは、ダブルならサフィン、ヒューイット、ダヴィデンコ、ジネプリだが、私の中ではこのナルバンディアンがダントツである(シングルではフェデラー、ガウディオ、そして多少難ありかもしれないけどリュビチッチ……)。

今夜は、地元の星ガエル・モンフィスと対戦した。昨年はガスケを下して憎まれ、今年はモンフィス。アルゼンチンではマスターズ・シリーズもグランドスラムも開催されないのだから、どこへ行ってもアウェーなのだが、フランスの客はほんとに行儀が悪くて、テレビを観ていてもムカつく。サーブのトスを上げるときに口笛吹いたりするの、やめてよね。
 ナルバンディアンとモンフィスはプレースタイルも異なるが、見た目も対照的だ。ジャコメッティの時代別2バージョン、みたい。モンフィスは体脂肪がほとんどなさそうで、鋼(針金?)のような体型。ナダルと同じデザインのウェアを着ているが、ほっそりしているので別のウェアのように見えてしまう。対するナルバンディアンは、昨年ガスケにも言われてしまったが太っている。ほかにこのような身体づくりをしている選手が見当たらないので、決してテニスに有利とは思えないが、この身体のおかげか5セット、フルに闘っても危な気がない。

第3セット第4ゲーム、ナルバンディアンにはアウトと思われたボールを主審がインと判定し、ちょこっと抗議したら観客が物凄いブーイングをかましてうるさかった。ナルちゃんは2004年の全豪オープン、対フェデラー戦のとき、自分に不利なシーンでもインのボールはインと申告したんだぞ〜。しかもそのときは主審がアウトと判定したので、黙っていればわからなかった。彼は絶対ズルなんかしない、フェアプレーの人なの。この騒ぎの後でカメラがナルバンディアン陣営を捉えると、ナルちゃんのお母さんが何か言っているのが映った。そうそう、息子のことは母親が一番よくわかってるよね。

まだ背中が治り切っていないのか、サーブの入りが悪かったが(49%)、徐々に調子が上がり60〜70%程度になってきた。しかし第1、第3セットを取ってあと1セット、というところでモンフィスの好プレーが光る。なかなかブレイクできない。遂に6-6となってしまった。タイブレイク。
 いきなりモンフィスがいいサーブ。217 km/hですって。ナルバンディアンのサーブはあんまり速くない。2人のサーブは平均して20 km/hの差がある。
 せっかくラリーが続いていたのに、ナルバンディアンのボレーがネット、これで0-3。モンフィスのダブルフォルトで1ポイント返したものの、すぐにサービスエースを取られる。その後モンフィスのボールが3度続けて長過ぎ、4-4に。
 211 km/hのサーブをナルバンディアンがリターンエース。次はモンフィスの鋭いボールを振り返りざまにボレーして勢いを殺し、6-4。モンフィスが負けじと6-5……。しかし最終的にはナルバンディアンの精神力が勝ちを収めた。
 いやぁ〜勝つとは思ってたけど、安心した。彼が2nd weekに行かれないようなことがあってはならない。観客席のギジェルモ・ヴィラスも拍手を送っていた。それまでナルバンディアンにつらく(?)当たっていたように思えた観客も、立ち上がって拍手。あれ、みんないい人たちじゃん、行儀が悪いなんて言ってごめんなさい。

正直に言って、ナルバンディアンが全仏で優勝するとは思っていない。もしそうなれば嬉しいけれど、9割がたナダルが優勝すると思っている。もちろん、かつてのチャンピオン、息子の愛するモヤもいるし、カニャスも不気味だし、何と言ってもハンブルクでナダルを破ったフェデラーがで〜んと構えている。それでもいい、相撲じゃないけど一番、一番、少しでも先に行ってくれれば、ファンとしては満足だ。

  ❖      ❖      ❖

続く試合はジュスティーヌ・エナン対イタリアのマール・サンタンジェロ(美人で脚が長い)。やはりエナンのピンクのウェアに違和感を覚えるが、どうも今年はアディダス、ナイキなど各メーカーがピンクを基調としているらしい(ので仕方がない)。まぁそれでもセレナのど派手ぶりに比べればおとなしいもの。サンタンジェロのほうはアシックスのウェアで、こちらは白のノースリーブにレモンイエローのスカートで清々しい。
 エナンは美しいバックハンド(こちらはシングルハンド)で有名だが、フォアだって美しい。上半身の捻りを生かした力強いフォアだ。そして何より、足さばきが美しい。クレーで見せる彼女のスライディングが大好き。あまりにも脚が長いシャラポワには到底無理な動きだ。小柄であることがハンディキャップとなるとは限らない……って何だか嬉しい。

フランスでは、離婚してもマドモアゼルには戻らないらしい。一度結婚すると一生マダムなんだね。そんなことを考えているうちに、エナンは早々とブレイクされてしまった。エナンが一球一球、しっかりと打ち込んでいるのに対し、サンタンジェロのほうは手足が長いせいか、ひょいひょいと出ていってへろへろっと打っているように見えるが、結果的には難しい球を打ち返す。よく言えばエレガントだが不思議な雰囲気をもつ選手である。

しかしさすが優勝候補、エナンはさっさとブレイクバック、ちょっとダブルフォルトが多かったが短時間で1セット目を6-2で取った。サンタンジェロのほうは、エナンがミスするときだけポイントが取れる、という状況に陥っていた。それに、なぜだかわからないが、フォア側にダウン・ザ・ラインを打たれると全然返すことができなかった。

パリの空は時折雨を降らせては止み、はっきりしない天候である。クレーコートは雨に濡れるとかなり重くなるというから選手の体力が心配だ。
 第2セットも、エナンがよければエナンがゲームを取り、ミスが続けばサンタンジェロのポイントになる、という感じで、別にサンタンジェロのプレーがよっぽどひどい、というわけではないにもかかわらず、試合の流れはエナン次第というところ。サンタンジェロだってジャックナイフやったりして頑張ってるんだけど……。
 とにかく、エナンはひとつもポイントを捨てない。ドロップショットを放たれては走り、ロブを上げられては走る。言っちゃぁ悪いが格下相手に、ここまで走らなくてもいいんじゃないか、というくらい走る。観ているほうは、凄い気迫だ、と感心する。
 サンタンジェロのほうはエナンほど走らなくても届いちゃうこともあるので(素早くボールの位置に行けるということ、手足が長いということなのだが)、あんまり必死に見えない。損をしてるかもしれない。

よくよく考えれば、どんな場面でも捨てたり諦めたりしないからこそ彼女はNo. 1になったのだろう。セレナ・ウイリアムズもシャラポワも同じだ。自らの才能に溺れて執着することを忘れたとき、その人の選手生命は終わってしまうのかもしれない。「捨てる」なんて言葉を思いつくのは凡人だけなのかも。

最後まで勝つための努力を怠らず、エナンが4回戦に進んだ。事故でも起こらないかぎり、次もおそらく勝てるだろう。やっぱり最初の難関はQF、セレナである(セレナがサフィーナに勝てば、だが)。できることなら決勝まで当たらないて欲しかった相手だ。セレナも好きなので心苦しいが、離婚で全豪を棒に振ったので、この大会はぜひエナンに優勝してもらいたい。
[PR]
by slycat | 2007-06-02 04:06 | テニス
<< 美しすぎる面々 いつの間に…… >>