ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


過去よりも今が幸せ

当初の予想どおり,モヤとナダルはQFで対戦することになった。ようやくフルで試合が観られると息子は大喜びであるが,観たいような観たくないような。どちらを応援すればよいか,わからないじゃないの。

6月4日付のモヤのインタビューを読んでみると,まぁ最初は選手なら誰でも言いそうなことを言っている。
「ラファと闘うことになるとすれば,素晴らしい試合になるだろうし,お互いどちらにとってもタフになるだろうね」

ベスト8の中で30代はモヤだけ(以下,訳文かなり怪しい……)。
「僕がドローで一番若い選手だったときのことはいまだに忘れない。時が経つのはとても速くて,それに気づいているのは一人だけ(??)。でも今一番年をとったプレイヤーであることを誇りに思うし,僕の前にはまだもっといいテニスがあると思う」
「若いときには,今の自分みたいでいることに価値を見出さないものなんだ。(最年長プレイヤーとして?)グランドスラムで最後の8人に残ったことは僕にとってはとても名誉なことだよ。だから今のほうがもっと楽しんでいる。22,23歳の頃,僕はトップ10で,ローランギャロスのQFにいるべき選手だった。今はトップ20なんだから,ここにいるのは凄いことだね。僕は若い頃と違っていることを楽しんでいる。トップ10でも,無理矢理QFにいなければならないなら,それはあまり意味がない。今ここにいる何者かであることが凄いんだ」
「(10年前優勝したときは)うまくプレーできていると感じていたけれど,ほかにも順調な選手はたくさんいた。リオスを倒したことで,大会を通して勝てる自信が出てきたのを覚えているよ」
「今は1998年とは状況が違う。今がテニス人生最後の何年かだということはわかっている。だから僕はもっと楽しもうと思っているよ。20歳の頃は自分のキャリアの終わりがいつかなんて考えもしない。今は,あと何回パリに来るチャンスがあるかなと思うことがある。だから今僕がやっているのは,楽しもうとすることさ」

フェレールの帰国で終わりを告げた例のプレステ・マッチについては,
「4人で集まってゲームをするときは,とてもいい雰囲気だよ。テニスの試合だったら緊張するけれど。楽しむのはいいことだよ。ここにいるとプレッシャーが多いから,テニスのことを考えないための方法のひとつなんだ。僕らがちょっとリラックスするためにはいいことだと思うよ」
 結局,彼らが何を賭けてゲームをしていたのか,ついに明かされることはなかった。
 記者会見が行われたのは,まだナダル対ヒューイット戦の結果が出ていなかったため,「次の対戦相手はナダルだけど,どう?!」という先走る記者たちを何度も諫め,「ラファはまだ勝っていない。ヒューイットを尊敬しているし,彼は偉大なチャンピオンだ」と諭していた。
 ふだんは親しいモヤとナダルだが,いざテニスの試合になったら「コートの上では友達はもてない。つまり、敵(対戦相手)は自分より多くのポイントと賞金を稼ぐことになるだろう,友達っていうのはそういうことはしないものだよ」。
「だけどコートの外では,僕らは友達だよ」と言った言葉を捕らえて「それでもプレーステーションでは打ち負かしたんでしょう?」と突っ込んだ記者に,「コートの上と同じこと」と切り返したのはさすがである。

何年か前は,燃え尽きたと感じていたという。バックハンドを何とかしなければ,と悩んでもいたそうだ。しかし,そろそろ引退を考える年齢に至ってまた調子が戻り,勝ち進むようになってきたことを彼は心から楽しんでいる。いや逆に,あるがままの状況を楽しめるようになったことが,彼に勝利を引き寄せたのかもしれない。

モヤとナダル,2人の出身地マヨルカ島ってどんなところなんだろう。陶器で有名,ということくらいしか知らない。沖縄本島の3倍くらいの面積らしいが,その島から,2人も全仏優勝者が出るって,凄い確率じゃないか。
 その島に生まれ育つと,みんなナダルみたいに素朴な少年になり,モヤのように現実を見据えた大人になるのだろうか。もしそうなら,グランドスラムで優勝するより,そちらのほうが凄いことなのかもしれない。
[PR]
by slycat | 2007-06-05 15:52 | テニス
<< 一歩前進 「朝型」は無理 >>