ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008年 07月 07日 ( 1 )

ナダル、芝を制す!

The Championships, Wimbledon 2008 FINAL
R. Nadal d. R. Federer 6-4, 6-4, 6-7, 6-7, 9-7

長い長い決勝戦だった。観ていただけでもぐったりなのに、戦った2人には本当にお疲れさま、有難うと言いたい。

3年連続で同じ組み合わせとなったウインブルドン決勝。2人が別々の相手とそれぞれ戦っていたとき、すでに彼らの圧倒的な強さはいやというほど見せつけられていたのだが、2人が同じコートに立つと、さらにその恐ろしさが明らかになった。信じられないほど高いレベルのテニスが今、ここにある。凡人にはそれだけしかわからなかった。

最初から2人ともガンガン飛ばしていたので、大丈夫かなと思った。当然だが2人とも真剣そのもの。
 フェデラーに勝つにはミスは許されず、たったひとつチャンスがあれば必ずもぎ取ることが必要だ。ナダルはうまくそのチャンスを摑んだ。つまり自分のゲームは必ずキープし、ひとつでいいから相手のゲームをブレイクすること。
 どちらかと言えばナダルのサービスゲームのほうがデュースにもつれていたにもかかわらず、ブレイクを大事に守ってナダルが2セット先取した。サーブを打つのに時間をかけ過ぎる、と主審に警告をとられても動じなかった。逆にフェデラーのほうはナダルのゲームを崩せず、苦しい立場に追い込まれた。

ところがどっこい、雨による中断の後、王者フェデラーの逆襲が始まった。今までにも似たようなことがあったな、2セット取っていたのに逆転負けしたことが……。だからフェデラーは怖いのだ。勝つまでは安心できない。
 ナダルは第3ゲームのときに剥げた地面に足を滑らせ、右膝の痛みを訴えてトレーナーを呼ぶ。せっかくここまできたのに、まさか万事休す? しかし大怪我ではなかったようだ。再びコートに戻り、ナダルは何もなかったかのようにプレーを続けた。
 お互い一歩も譲らずタイブレイクとなった第3セット、フェデラーのサーブがナダルを上回った。フェデラーが第3セットを取る。

第4セットに入っても、勝負の流れはフェデラーに行ったりナダルに行ったり。厳しいボールの応酬が続いて再びタイブレイクに。今度はナダルがフェデラーを攻め、ついにチャンピオンシップポイントを握ることとなった。ナダルのコーチ、トニおじさんも思わず立ち上がり勝利を確信する。
 ウインブルドンの観客は完全にフェデラーの味方となり、ロジャー・コールが沸き起こった。これに応えるように頑張るフェデラー、ナダルのバックハンド・ショットがエラーとなり、何と試合はファイナル・セットへ。やっぱりこうなっちゃうのか。

第5セット第5ゲーム、2-2、デュースの時点で再び雨。全くロンドンの空は移り気だ。しかしこれも今年までのこと。来年からは雨が降っても屋根ができるから試合は続行されるんだなぁ。

試合が再開され、第8ゲーム、3-4のときはあわやフェデラーがブレイクするかと思われたが、ナダルはこれを凌ぐ。観客席(トニおじさんたちとは別の席だ。遠慮したのかな?)のご両親が両の拳を振り上げて息子を讃えていた。本当に、どんな気持ちだろう、こんな局面にいる息子を見ているというのは。

第11ゲーム、今度はナダルにブレイクチャンス。しかしフェデラーもこれを凌ぐ。もちろんフェデラー陣営でもご両親とミルカさん(ついでにグウェン・ステファニーも)が必死の応援をしており、一喜一憂。試合をしている2人も大変だが、見守る家族の心労が慮られる。

第13ゲーム、40-30でフェデラーのボレーがネットにかかり、またまたデュース。今度こそピンチかと思った、が、ここでも凌いでフェデラーの7-6に。しかし次のゲームをナダルがキープして迎えた第15ゲーム、ナダルがとうとうブレイクした。今度こそ、とばかりにトニさんらが立ち上がる。
 ナダルのサービス。リターンが少し長くなり、最初のポイントはフェデラーへ。するとナダルはサーブ・アンド・ボレーで次のポイントを取った。その次も一度返した後ネットに出て30-15。またフェデラーが取って30-30。
 ここで主審が観客に向かってフラッシュ撮影をしないよう注意したが、その後ナダルのサーブに時間がかかったのに憤ったか、フェデラーが何事か訴えていたようだ。主審パスカル・マリアさんの戸惑ったような顔が映るが、彼は特に警告を出さなかった。苛々が災いしてか、フェデラーのボールがアウト。しかし次は苛々を力に変えて素晴らしいリターンエースでデュースに。この場面でこんな球が出てくるなんて、驚いてものが言えない。

再びナダルのサーブ。フェデラーのリターンが大きくアウトすると、トニおじさんはもう座っていられない。ナダルのお父さんの横で落ち着きなく立っている。最後のサーブ。静かに打ち合う2人。フェデラーのボールがネット。ナダルの優勝が決まった。コートにひっくり返るナダル。陣営のほうも大騒ぎだ。

フェデラーと肩を抱き合い、讃え合った後、ナダルは勝者の特権として家族のもとへ上った。嬉しそうなご両親、おじさんたち、みんな笑顔だ。こういう場面を見ると胸がいっぱいになる。お父さんにスペイン国旗を手渡され、ちゃんとスペインのフェリペ王子ご夫婦(だと思う)にも挨拶してからベンチへ戻った。

あっという間に準備が終わり、セレモニーが始まる。大事そうにトロフィーを抱えるナダル。ここでインタビューに応えなければならないのはフェデラーにとって残酷だが、彼はきちんと責務を果たした。ナダルも控えめに喜びを語りつつ、フェデラーに対する敬意を忘れなかった。

ナダルの初優勝はとても嬉しい。いつも「もっと進歩しなくっちゃ」と言っているナダル、バックハンドや戦い方など、本当に目覚ましい進歩を見せてくれた。それに2年連続で負けているんだもの、今年勝ってもいいじゃない……。でもフェデラーの気持ちを思うとほろ苦い気分になる。勝ちたかったよねぇ。

「テニスでは、残念なことに必ず勝者と敗者がいなければならない、引き分けはないんだ」。試合後、フェデラーは言った。かつて同じ意味の言葉がアガシによって語られたときは「だからテニスは美しいんだ」と締めくくられたのだが。
「とても辛いよ……。パリで負けたことは僕にとって何でもなかった。ここで負けるのはdisaster(災難)だ」

フェデラーはオリンピックに出場し、USオープンでいい結果を出してシーズンを終えたい、と言っている。ウインブルドンで味わった失意を次に戦うときのための力に変えて欲しい。
 そしてナダル、本当におめでとう! 頑張って頑張って、ついにクレーだけでなく芝でも勝てることを証明した。今回の勝利は、そのために重ねてきた努力にふさわしい。

寝不足続きのウインブルドンはすべての試合が終わった。これでゆっくり眠れる。おやすみなさい、また来年!
[PR]
by slycat | 2008-07-07 12:41 | テニス