ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ドラマ( 3 )

武侠ドラマに痺れる

大旗英雄伝(2006年、中国) 監督:ユェン・インミン 出演:ドゥ・チュン、ツゥイ・リン、チュ・ジャヒョン、リー・ツァイホア、シュー・チンほか

毎週金曜日のお楽しみは、チャンネルNECOで放映中の『大旗英雄伝』だ。夜11時になると、テレビの前にどっしり腰を据えて、てこでも動かない。
 原作は台湾の武侠小説作家、古龍。金庸に比べると原作を読む機会も限られており、本作もドラマでしか見られないので(残念ながら吹き替え)、毎回ハラハラドキドキしながら話の行方を追っている。全41話で、もう38話まで来てしまった。もうすぐ終わりかと思うと切ない。

舞台は明朝末期。武林を制し江湖の平和を守ってきた一派「鉄血大旗門」だったが、ある日ほかの門派が「五福連盟」を結成し、大旗門に叛旗を翻す。一族の多くを殺され、住む地を追われた大旗門は、五福連盟への復讐を誓い、辺境に潜んで機を窺う……。
 物語は、この大旗門に生まれ育った2人の若者が、武林の平和を願って尽力する様を描いている。恋あり人情あり、派手なアクションあり。登場人物の数の多いこと。毎回波乱の連続で、見ているほうも体力がいるが、これが面白いの何の。日本と違ってロケ地には事欠かないし、お金もかかっているし、エキストラもふんだんに使えるからスケールが大きいのである。

しかし一番の魅力は、主人公の鉄中棠(てつ ちゅうとう)をはじめとする好漢たちの清々しさ。何よりも仁を重んじ、自分のことは後回しにして武林の平和のために尽くし、真心をもって人に接する。彼らを見ていると、大袈裟でなく心が洗われる。また、彼らを愛する女性たちの美しいこと。きれいなのはもちろん顔だけでなく、恋人を一途に思う姿にはいつもじ〜んとさせられてしまう。
 この素晴らしい登場人物たちが毎度毎度運命に翻弄されるのだから、途中で見るのをやめるなんて不可能だ。1週分終わった途端に、次が見たくてたまらなくなる。

物語はいよいよ佳境に入り、いがみ合っていた者たちが、大義のため、怨恨をしばし忘れて立ち上がる!というところまできた。あぁ格好いいなぁ。
 多少荒いところや矛盾点もあるにはあるのだが、そんなちまちましたことはどうでもいい。今さらながら、中国は懐が大きい、広い。いつも自分のことばっかり優先している小さな我が身を恥じる。

大陸の偉大な精神に触れられる憩いのひとときも、あとわずか3回分。残念だけど最後までじっくり楽しませてもらおう。
[PR]
by slycat | 2007-12-08 02:35 | ドラマ

染まりやすい

NHK朝の連続テレビ小説にハマッている。ヒロインが同性同名の幼なじみにコンプレックスを抱いている設定はあんまり好きじゃないが、悪人が出て来ないし、笑える場面がたくさんあるし、落語ネタが面白いので楽しみだ。

特に先週はよかったなー。『寝床』を現代風にアレンジ(?)したエピソードに始まり、とある事情から高座を離れた落語の師匠、徒然亭草若(渡瀬恒彦さん)がついに復活する一連の流れに、いちいち泣いたり笑ったりした。
 散り散りになっていた弟子たちが再び集まり落語会を開く日のエピソード。トリを務める師匠の息子が、予定の『愛宕山』をやらずに『寿限無』を始めて場は騒然(なぜなら『寿限無』はすでに演目の一番目で別の弟子がやっていたので)。
 3年間というもの師匠と不仲だった息子、誤解が解けた今となって父親への想いが募り、噺をやりながら涙が止まらず高座を下りてしまい、そのまま泣き崩れる。
 「えっこれで終わり?」と戸惑う観客。さぁどうする、どうする?……という場面で、当然ながらそれまで絶対に高座には戻らんと言っていた師匠がスーッと出て行き、十八番の『愛宕山』を語り出す……。お約束なんだけど泣かせましたねぇ。
 一緒に見ていた(いつも一緒でいいのだろうか……)息子が、「師匠もやりたくなっちゃったんだよねー」などと心得顔に言うので、「馬鹿、子の不始末は親が責任とるの。弟子のピンチは師匠が救うの!」と説明しなければならなかったのは蛇足だったが、素直に感動させてもらいました。

ところで、江戸の落語は少々知っているものの、上方落語にはトンと疎い。ドラマに名前とさわりだけ再三出て来るこの『愛宕山』については全く知らなかった。しかし、毎日毎日、愛宕山、愛宕山と聞かされれば、どんな噺なんだか知りたくなるのが当たり前。
 どうしようかなぁと思っていたら、このドラマに徒然亭の一番弟子の役で出演している桂 吉弥さんのお師匠さん、桂 吉朝さんがこれを得意としていたということがわかった。しかも、吉朝さんは生前、茂山狂言と「落言」というコラボレーションを試みていたそうだ(徒然亭小草若役が茂山宗彦さん)。
 ひょっとしたらこのキャスティングそのものに吉朝さんへのオマージュがあるのかもしれない。そう思うと居ても立ってもいられなくなり、早速DVDをゲット(いやぁ、DVDとして売られていて本当によかった)。

落語のDVDを買ったのは初めて。2本しか入っていないので高いような気もしたが、内容を見たら大満足。ああこんな噺だったのか、こう演じられていたのか。遅まきながら知ることができて幸福な気持ちになった。一緒に見た(また一緒だが、本当にいいのだろうか、思春期の少年よ……)息子にも大受け。その後は折に触れ「あたごやまぁさかぁ〜」と鼻歌を歌うようになった。
 初めて聴いた吉朝さんの落語、噺が面白いだけでなく、品があるのに親しみやすい。典型的な現代っ子が見ても虜になるような、魅力に溢れた人。ご健在のうちにその芸を知ることがなかったのが悔やまれる。

実は今日から大阪へ行き、24日の文楽公演を観る予定なのだが、急遽繁盛亭で開かれる「桂吉弥の-よる-のお仕事です」を聴くことにした。吉朝さん亡き後は、当然お弟子さんたちがその芸を受け継いでいるのだろう、と期待している。
 ……などと書いていたらもう3時を回ってしまった。早く寝ないと寝坊して、新幹線に乗り遅れてしまう。今夜は楽しい夕べになるといいな。
f0061021_328227.jpg
[PR]
by slycat | 2007-11-23 03:30 | ドラマ

Lost in LOST

『LOST』 シーズン 1
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテインメント

『ツインピークス』『Xファイル』『キングダム』『ミレニアム』といろいろドラマにハマッてきた。またまたハマりそう…というか,すでにハマッているのだが,これは面白いっ。まだ最初の4話だけだが,息子と2人でドキドキしながら鑑賞した。

正直言って,第一印象はそんなに感心しなかった。何というか,とってもアメリカンな設定で,それが鼻についた。本作は飛行機事故により南の島に取り残された生存者たちのドラマだが,主人公らしき男性(ジャック)は格好いい上に医者だ。パニックを起こしかねない状況にあって常に正しい判断を下し,積極的に皆を引っ張っていくリーダーシップをもち,しかも医療技術があるからとっても役に立つ。ちょっと出来すぎじゃないの?と思う。
 しかし,そんなことにいちいち引っかかっていたら全然楽しめない。第一,イイ男,イイ女が登場しないドラマなんて誰も見ない(かく言う私だって)。そんなわけで,最初の印象はさっぱりと忘れ去り,ドラマにのめり込むことにした。

超アメリカンなジャックはともかく,ほかの登場人物たちは入念に選ばれており,人種もまんべんなくミックスされている。もちろんこれもドラマのお約束といえばそうなのだが,謎の美女,不思議な雰囲気をもつ中年男性,シングル妊婦,ミュージシャン,全然英語が話せない韓国人カップル……考えつく限りのあらゆる「典型」を上手に抽出し,キャスティングしている。
 飛行機に乗る,電車に乗る,船に乗る…大型の乗り物で移動する機会は多いが,同じ乗り物に居合わせた乗客がどんな人たちなのか,普通は考えることはない。どんな目的で乗っているのか,知ることもない。それがいったんこのような事故に遭い,九死に一生を得たとしたら……。『LOST』は,乗客それぞれの人生を掘り下げていき,出遭うはずのなかった人生が交わることによって生まれるスパークをドラマに仕立てている。単純な「サバイバル物」ではないのだった。

これはやめられなくなったな,と思ったのは第4話を見て。『ミレニアム』でお馴染みのテリー・オクイン演じるミスター・ロックを中心に据えたエピソードだ。第1話から小出しに彼のキャラクターが紹介されていたが,ここでようやく彼の過去が明らかになる。
 これが胸をギュっと締め付けるようなお話だったのだ。一緒に見ていた息子も,途中「ロックさん,どうなるの?」などとやきもきしていた。年の老若にかかわらず2人とも衝撃を受けたようだ。

息子は明日から私の実家で厄介になる。うるさいのがいなくなって,久しぶりに羽を伸ばせるチャンスだが,しっかり釘を刺されてしまった。
f0061021_13242564.jpg
「オレがいない間に(次の)LOST見ないでよ」
[PR]
by slycat | 2006-08-15 13:26 | ドラマ