ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:音楽( 7 )

バッドカンパニー東京公演

2010年10月26日 @東京国際フォーラム

10代の頃から好きだったバッドカンパニー。なけなしのお小遣いをはたいてLPレコードを買い、ステレオのボリュームを上げて大声で歌ったものだ。生演奏を聴くことは一生ないと思っていたのだが、ある日地下鉄東西線に乗っていたら、車内吊り広告に息が止まりそうになった。「バッドカンパニー来日決定」!! え〜っどうしよう、見たい聴きたい、でも最後にライブに行ったのはローリングストーンズ(2回目)の公演ではなかったか。心乱れたが、これを逃したら恐らく死ぬまで彼らを観ることはない。決意してチケットを購入。当日は会社で何かのパーティなんぞが入っていたが、そっちは遠慮させていただいて、そそくさと東京国際フォーラムに向かった。

かつてはライブと言えば武道館、新宿厚生年金会館に渋谷公会堂、東京ドームといった会場がメインだったが、今回は東京国際フォーラムである。学会の会場じゃないの? ホールAに向かうと、案の定「公衆衛生学会」が開催中であった。
 ドキドキしながらエスカレーターを上がって行く。久々のライブを楽しもうとロック魂を誇示してバックルのついたハードなデザインのブーツに革ジャンを羽織って出かけたのだが、周囲を見渡せば、果たして会社から直行したのであろう背広をまとったサラリーマン風の男性がほとんど。昔みたいに気合いを入れてお洒落している人はほとんどいなかった。

会場は中高年の熱気に溢れていた。オヤジ率が異常に高い。失礼ながら、頭が寂しくなっている方々もかなりいらっしゃる。まぁ仕方ないよね、バンドのメンバーだって還暦超えてるんだから。今回参加するはずだったギタリストは病気で来られないって言うし。一抹の悲壮感はあるものの、ここに来ている人たちのほとんどがバッドカンパニーを愛し、まさかの来日に胸躍らせている。その事実がさらに気分を高揚させる。

19時となり、いよいよ開演。しかし前座があった。この年になるまで前座バンドを聴いた経験はなかったのだが、今回はよりによってリードボーカル、ポール・ロジャーズのご子息、スティーブが前座を務めていた。何じゃこりゃ。ロックスターもお父ちゃんだったんだな、と思う。公演依頼の際の条件だったのだろうか(ステージの最中にも'How was Steve?'なんて聞いたりして、かなり親馬鹿、もとい息子さんを愛しているのだと思う)。
 しかしスティーブはなかなかよい歌手だった。ギターも巧い。何より、曲調や歌い方がお父さんに似ている。それがイマイチ売れない理由のひとつなのかもしれないけれど、悪くない。何より、ポールの息子だと思えば、しっかり聴かないわけにもいかないでしょ。いい感じでスティーブのステージが終わり、舞台は再び暗闇に包まれる。そこでしばし休憩。

そして……。いよいよ彼らが現れた。観客が一斉に立ち上がる。もちろん私も慌てて立つ。"Can't Get Enough"、1stアルバムの最初に入っている曲からステージは始まった。その後、すでに順番は覚えていないが、"Movin' on"、"Ready for Love"など次々と名曲が続いた。
 「彼ら」と書いたものの、オリジナルメンバーはポールとサイモン・カークのみ。ボズ・バレルはすでにこの世の人ではない。それでも、往年の輝きは全く失せていなかった。周囲の人たちも燃えていた。リズムに合わせて手を打っていると隣の人とぶつかってしまうのだが、そんなことは一向に気にならない。ポールが客席にマイクを向けると、皆大声で歌う。バンドもベテランだが、観客もベテラン、お約束はきちんと守られる。破綻のない安定したステージだった。

自分でもびっくりしたことに、ちゃんと歌詞を覚えていた。何しろ私のバドカンコレクションは「LP」なので、最近は聴きたくても聴くことができない。『Bad Company』だけはiPodに入れてあるのだが、海外盤なので歌詞カードもない。それでもちゃんと歌えるではないか。高校生のときの記憶って凄い。

ポールの声は少しも衰えておらず、むしろ艶を増したかのようだった。マイクスタンドをくるくると回したり、宙に投げ上げたりというパフォーマンスには瞠目した。歌ばかりでなく、ギターも弾いたしピアノも披露した。すっごく素敵だった。サイモンのドラムにもシビれた。やっぱりこれぐらい腹に響かないとねぇ。ギタリスト(申し訳ないが名前がわからない!)も素晴らしかったし、途中でゲストミュージシャンが加わるとさらに音の厚みが増した。サービス精神に溢れていた。当然アンコールがあることは承知のうえで一旦去る際、ポールは「帰リハ気ヲツケテネ〜」などと日本語で呼びかけてくれたし(奥様が日本人だと記憶しているので、結構話せるのかもしれないけれど)。

1回目のアンコールでは"Bad Company"を歌ってくれた。もちろんポールのビアノで。もう、本当に感動しました。年をとるとなかなか感情が動かないのだけれど。フリー時代の曲も歌ってくれた。そして彼らは2度のアンコールに応え、最後はブルースで締めくくってくれた。約2時間のステージだったが、あっという間に過ぎてしまった。最初で最後だと思うと非常に切なかった。帰る前にグッズ売り場の列に加わり、パンフレットとTシャツを買ったのは言うまでもない(携帯ストラップはパス)。

しかしウドー音楽事務所、恐るべし。この後11月末にオリビア・ニュートン・ジョンとボンジョビの公演が控えており、その後もスティングにダリル・ホール&ジョン・オーツの来日が予定されている。これってモロにわれわれの世代がターゲットにされているよね。洋楽こそが聴くに値すると思っていた世代、バブルを経験している世代、そして何と言っても40〜60代になり、そこそこお金を遣える世代だ。なかにはニューアルバムを引っさげてくるアーティストもいるのだろうが、ほとんどは懐かしのメロディである。実に手堅い。こんなビジネスチャンスを開拓するとは……なかば呆れつつも賢い戦略だと感心した。どうせならアーティスト公認グッズにはロゴ入りUSBメモリとか、iPadケースとか、大人の喜びそうなものを加えていただきたいものである。
[PR]
by slycat | 2010-10-28 01:38 | 音楽

マイケミ、にハマる

MTVでもラジオ、雑誌でも、音楽シーンを追いかけるのはそれほど難しいことではないのだが、年とともにだんだん億劫になり、昔の曲ばかり聴く。これぞ年取った証拠!なのだ。しかしたまには偶然の出逢いもある。長生きはするものです。

ドラマ『LOST』を観るためにAXNに毎週チャンネルを合わせていると、番組と番組の間にPVが流れるときがあり、そこでMy Chemical Romanceの「Welcome to the Black Parade」を見た。これが気に入って、アルバムを買ったら、安い(¥1,980)のにお買い得。最近では通勤のよき友となっている。
 最初はイギリスのバンドかと思ったのだが、アメリカ・ニュージャージー出身なのだそうだ。ちょっと暗めの旋律が、80年代、90年代のロック・ファンのハートをくすぐる。

Welcome…は全英チャートNo. 1、なのだそうだが、なるほど、売れる要素は満載だ。とつとつとしたピアノをバックに朗々と歌い上げる静かなイントロ、そこへ徐々にギター、マーチ風のドラムが加わり、転調してからは一転アップテンポとなって華やかなギター、ドラムが荘厳に盛り上げる。
 オールド・ファンにとってはクイーンを彷彿とさせるところがあり、デフ・レパードのようでもあり、ボン・ジョビみたいでもある。そしてそれらかつての名バンドをすべて思い出しても、何か違う新しさがあって、そこに引き込まれていく。「Mama」なんぞは、「アラバマ・ソング」かと思いましたが。初めて聴くのに懐かしい感じがするところがツボか。

しかし…「マイケミ」って言うんだぁ。昔は、たとえばチープ・トリックをチートリって呼んだりすることは絶対になかったんだけど。まぁ、いいか。
f0061021_126367.jpg
[PR]
by slycat | 2006-12-20 01:30 | 音楽

ある朝、突然に…

中年過ぎると,めまぐるしく変わる音楽シーンにはとても付いていけないので、ふだん聴く曲は昔のものばかりになる。しかし若かった頃一所懸命集めたレコードは今や聴くことができず、改めてCDを買わなければならない。
 必ずしもレコードで持っていたアルバムをすべて買い直すわけではない。アーティストによっては「なぁ〜んでこんなの好きだったんだろ!」と思うこともあるので。代わりに、かつては好きでなかったミュージシャンの曲を急に聴きたくなり、その人のピークが20年ほど過ぎた今になって,ようやくその人を再評価することがある。

好んで聴くのは洋楽だが、洋楽のいいところは「言葉がわからない」ことである。私はインストゥルメンタルだと飽きてしまうのだが,歌詞が日本語だとあまりにもストレートに耳に飛び込んできて、時に邪魔になる。外国語なら、気を抜いていれば聞き流すこともできる。

…と思っていたが、ある日ロッド・スチュワートのベスト盤を聴きながら通勤していたら、突然歌詞の意味が伝わってきて泣きそうになった。曲はMaggie May。メロディだけで十分名曲だが、こんな内容だったとは知らなかったのである。

  マギー、起きてくれないか、言わなくちゃいけないことがあるんだ
  もう9月も終わる、学校に戻らなくちゃならない
  君は僕を楽しませてくれたけど、利用されていたようにも感じてた
  マギー、僕はこれ以上無理はできないよ……(この訳は怪しい)

少年が年上の女性と夏の間恋をして、秋の訪れとともに別れを告げる歌だったのか。ロッド・スチュワートのファンには、「今さら何言ってんの」と叱られそうだが、本当に知らなかった。そして、次の歌詞でぐっときたのである。

  The morning sun when it's in your face really shows your age
  But that don't worry me none in my eyes you're everything
  朝の日差しが君の顔を照らすと、君の年がわかるよ
  でも僕にはそんなことはどうでもいい、君以外何も目にはいらない……

「ぐっと」というより「ぐさっと」きたと言うほうが正しいかもしれない。自分がそういう年齢になっているから。素顔ではとても外を歩けない。それを無防備に晒しているところを、学校に行ってるくらいの年の子に指摘されるとは……残酷だ。
 ロッド・スチュワートがとんな感情を込めて歌っていたのかはわからない。昔は好きじゃなかったから、インタビュー記事なども真剣に読んでいなかった。

10代の男の子が、自分もちょっと憧れの女性がいたりしてこの歌を聴いたら、凄く共感するのかもしれない。あんなに愛してたのに、大人の気まぐれに付き合わされただけだったんだ、切ないよ、と。

しかしそういう男の子が大人になって、もう一度この曲を聴いたときどう思うのか、ちょっと知りたい。この曲の少年は、本当に彼女を愛していたのだろうか。実は愛を失うことにいつも怯えていたのは、マギーのほうだったんじゃないか。

利用されていた、いつもジョークでごまかされていた、そう思う? 女の側から言わせてもらえば、それも愛だったのよ、と。f0061021_1132350.jpg
[PR]
by slycat | 2006-05-26 01:19 | 音楽

ポップ・スターの悲劇

日曜日にようやく見た『マイ・ボディガード』の中でリンダ・ロンシュタットの「ブルー・バイユー」が流れたときは懐かしい気持ちになった。名曲だ(カヴァーだけど)。特に一番最後のblue〜bayou〜と裏返る声の感じがとてもいい。f0061021_0493140.jpg

リンダは中高生のときのアイドル。なけなしの小遣いで彼女のアルバム(LP)を何枚も買った。当時覚えたヒット・ソングは今でもそらで歌える。
 伝説のイーグルスだって元々はリンダのバックバンドだったんだもの、大物だ。当時の音楽業界で、彼女に心かき乱されなかった男性ミュージシャンが何人いたことか。恋多き女だった。そういう生き方にも憧れた。
 ちょっと鼻にかかったような甘い声。デビュー当時はどちらかといえばカントリー&ウエスタンを歌っていたが、その後フォークソング、ロック調といろいろなジャンルの曲を歌いこなし、ギルバート&サリバンの舞台にも出た。ジャズのアルバムも出している。彼女が歌う「Someone to watch over me」、好きだったなぁ。今はどうしているのやら。
 同じ時期にやはりアイドルだったオリビア・ニュートン・ジョンはシドニー・オリンピックや全豪オープン・テニスで歌を歌ったりしているのを見るかぎり昔と変わらず、美声も健在だった。リンダは一時凄く太ったことがあって、写真を見たときは少しショックだった(食事中にパパラッチされてフォークでカメラマンを威嚇している写真だった)。

先日アダム・アントの映像が見たいと書いたが、何のことはない、公式サイトで何本も見ることができた。中には日本の音楽番組に出演したときの画質の悪いビデオもあった(物凄く恥ずかしかった……国辱ものだ)。「Prince Charming」のPVで男版「シンデレラ」を演じるアダムはとても可愛い。
 ついでにThe Dian Fossey Gorilla Fundに協力して野生のゴリラを救うため、「Stand and Deliver」の替え歌「Save the Gorilla」を歌っている短い映像も見つけたが、声は変わらないのに無茶苦茶太っててこれには激しくショックを受けた。腹が出ているのに白いTシャツはマズイでしょう。志が高いのは認めるけどね。バーで玩具の銃を出して逮捕される、なんて事件は可愛らしくてすぐに許せるのだが、あまりの変わりようにしばし言葉を失った(でも好きだけど)。

今日は最高気温が24℃になるという。春を楽しむ暇もなく夏に突入してしまいそうだ。かつてのアイドルたちの肥満を批判するなら、自らもすっきりスリムにならなければいけない。真夏の気温上昇を考えれば、無駄な脂肪は落とすにかぎる。よ〜し今日からダイエット、してみるか、な……。
[PR]
by slycat | 2006-04-18 01:20 | 音楽

情操教育?

子供の頃は親がテレビで「懐かしのメロディ」を見ていると退屈でたまらず、内心馬鹿にしていたものだが、自分が年をとってみると、やはり若かりし頃に聴いた曲が懐かしい。先日アダム・アントを聴きたくなりベスト盤を買ったら、今度は映像が見たくなった。しかしあれほど売れたスターなのに、DVDなど手に入らない(今年発売されるようだが、日本で入手できるようになるかは不明)。

ふさぎ込んでいたら、見つかった。ほかのアーティストたちの曲と一緒のオムニバス盤であるが、学生時代に流行ったものばかりなので即購入。今見直すと、アーティストによって予算のかけ方が全然違い、無茶苦茶凝ったものからどうでもいいもの、低予算ながら面白いものなどさまざまだ。ブリティッシュ・インベイジョンなどと言われてイギリスのバンドが米国で次々にヒットを飛ばしていたな、とかジョー・ジャクソンが「ミュージシャンはへぼ役者の真似をすべきじゃない」などと批判していたな、などいろいろ思い出した。
 また、20年経っているとはいえ、かなり故人となっているアーティストがいることにも感慨を覚えた。フレディ・マーキュリー(AIDSの怖さは彼が教えてくれたようなもの)、ロバート・パーマー、マイケル・ハッチェンス(あんなに素敵だったのに自ら死を選ぶなんて。また彼女まで後を追うなんて)……ジェネシスのビデオに出てくるのがレーガン大統領(の人形)やサッチャー首相というのも、なぜかしみじみしてきてしまう。今にして思えば、ブッシュ(息子)よりはレーガンのほうがマシだったか?

こそこそ見るのも何なので、息子を呼んで一緒に見てみたのだが、あまりピンと来なかったようだ。歌詞が聴き取れないと理解しづらいのもあるから仕方がないが、少し寂しい。当時のビデオは、社会からはみ出したアーティストたちが、常識的な大人たちをからかうといったテーマが多く、イギリスやフランスの若い人なら今見ても面白がるのではないかと思うのだが、日本の子供には毒も毒にならないのかなぁ。一番ウケたのは結局ジェネシスの人形アニメだった。

肝腎のアダムだが、ビデオそのものの出来はあんまりよくない。『ベストヒットUSA』で放送されたライブ(テレビのスタジオ?での)がもう一度見たい。f0061021_0243177.jpg
[PR]
by slycat | 2006-03-30 00:29 | 音楽

冬の日のエレクトリック・ギターのため息の…

CDの棚をひっくり返していたらトム・ヴァーラインの『醒めた炎』(原題:Tom Verlaine)が出てきた。独特のギターと絞り出すような声。高校生のときに,勉強をする振りをして聴いていたラジオから流れてきたのが本アルバム第1曲のThe Grip of Love。イントロに痺れた。このアルバム(当時はLP)で彼を知り,伝説のバンド,テレヴィジョンのことを知ったのだった。

幸運なことに彼は来日してくれた。おかげで彼を生で見ることができた。最初はソロではあるがバンドを連れて,2度目はアコースティック・ギター1本持って独りで,そして最後はテレヴィジョンの再結成でバンドの一員として。
 曲を聴きに行った私の状況も,最初は身軽な学生,2度目は身重なプレママ,3度目は半分身軽(赤ん坊を家に置き去り),と随分違っていた。さすがにその後は仕事や子育てが忙しくて,彼が本国でどんな活動を続けているのか追いかけるのも難しくなったが,昔と違ってHMVなどの店舗で輸入CDが入手しやすくなったので,時折売り場を覗いては,新譜が出ていれば買っていた。
 2度目の来日のときは前のほうの凄くいい席だった。近眼なのだが彼がよく見えた。産休に入ってすぐの頃で,私はまんまるだったが彼はがりがりに痩せていて美しかった。どういうコンサートか前もって知らなかった(調べなかった)のだが,何だか詩人の朗読会みたいなスタイル。ときどき手帳をめくっては観客に日本語で話しかけたりもした。驚いたがある意味貴重な経験をしたと思う。胎教にもなったのではないか。真面目なのかふざけているのか、よくわからないところが彼の魅力でもあった。
 場所も渋かった,九段会館だったはずだ。記念すべきテレヴィジョン再結成のときでさえ今は亡き「有楽町そごう」の上にあった読売ホールだ。これぞパンク精神ってもんじゃないかな?

くらもちふさこの漫画に『アンコールが3回』という作品があったが,トムはいつもアンコールに3回応えてくれた。テレヴィジョン時代の曲(再結成のときは昔の曲)を求められても快く演奏してくれた。こんな極東の国に来て,こんなショボい会場で,3回も。有難いことだった。

そして久しぶりに彼の曲を聴き,ついでにちょっと検索してみたら,何と! 4月に彼が新譜を出すというではないか。あまりにも痩せていて,あまりにもはかなげなので,ニュースを聞くと「生きてた…」と安心していたが,生きているだけではなく音楽活動もちゃんとやってるんだね(知らなかったが昨年にも1枚出していたので早速注文した)。好きなミュージシャンがどんどん引退状態になっている今,彼が音楽への情熱と体力を失っていないことは大きな励みである。ついでに再び来日でもしてくれれば,こんなに嬉しいことはないのだが。もし来日してくれたら、テレヴィジョン再結成コンサートのときに買ったTシャツを着て行こう。f0061021_23295240.jpg
[PR]
by slycat | 2006-03-07 00:00 | 音楽

懐メロ

突然昔の曲が聴きたくなることがある。ところがあまりにも時間が経ち過ぎているため、すぐに入手できないことが多い。今日は注文していたAdam and the Antsのベスト盤が届いた(1ヵ月待たされた)ので、いそいそとiPod miniに取り込む。
 アダムはバンド解散後、ソロで活動したりドラマだか映画だかに出ていたらしいが、現在の活動について詳しいことは知らない。しかし売れていた頃の彼はきれいでしたね。もちろんメイクしているのだが、イ・ビョンホンとジョニー・デップを足して2で割ったみたいじゃないかな? Stand and Deliverのプロモ・ビデオを見たときは衝撃だった。きれいで、セクシーで、ワイルドで…格好よかったな〜。当時は素敵だな、と思ってもお金がなくてレコード(CDじゃなかった)を買えなかったが、今やっと手に入れて聴いても名曲ですStand and Deliver(身ぐるみ剥いで置いて行け!という意味らしい)。ほかにもGoody Two Shoesなど、今新曲として発表しても十分通用すると思う。
f0061021_112990.jpg

More
[PR]
by slycat | 2006-02-09 01:02 | 音楽