ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Paris 2008決勝

J-W. Tsonga d. D. Nalbandian 6-3, 4-6, 6-4

今年の全豪オープンでファイナリストとなり、テニス界を沸かせたツォンガが、ついにマスターズ・シリーズで初優勝。マスターズ・カップ行きのチケットも手にして有終の美を飾った。あぁ〜しかしナルバンディアンのファンとしてはガッカリな結果。彼が優勝していれば、上海に行くのは彼のはずだったのに……。大体スパートかけるのが遅すぎる。もっと早めにポイントを稼いでおけば、あるいは……悔しいけれど、結果は結果である。

QFのマレー戦はかなりよかったと思う。あの体型からは予想もつかないフットワークで、しつこく粘り強くマレーのボールを打ち返し、根負けさせた。準決勝では立ち上がりの悪かったダビデンコを早めに攻めていき、第2セットは取り返されたものの、気落ちせず勝利を摑んだ。試合が進むにつれミスが増えていくのが気になったので、ツォンガが決勝の相手に決まったとき、これは力負けするのではないかと心配していたのだが……。

第1セット、ツォンガの素晴らしいサーブはナルバンディアンをまるで寄せ付けなかった。しかもただ単に力で押すだけではなく、アングルで押し、「読み」で押し、さっさとセットを持っていってしまった。これはもう駄目だ、そう思って試合を見続ける気が失せ、ふて寝していたら、「第2セットはナルちゃんが取ったよ、ギリギリのところだったけど」と家の者の声。しかし恐ろしくて観戦を再開する気にならず、翌朝録画を見ることにしてそのまま寝てしまった。

そして今日、第3セットを観たのだけれど……。あぁ、あそこでボールがネットに引っかからなければ、あそこでクロスじゃなくストレートに打っていれば、とにかくファーストサーブがもう少し入っていれば……。完全なアウェイ状態でよくぞ我慢したとは思うけれど、逆にあれほど観客に声援を送られてもプレッシャーに負けなかったツォンガの素晴らしさが印象に残った。

そんなことを思いつつも、ナルちゃんのプレーは決して悪くはなかった。昨年のマドリッド、パリでの彼はゾーンに入っており、奇跡的なプレーの連続だったので、それに比べてしまえば今年は少々物足りない。しかし豊富な技、多彩な球種はツォンガを苦しめたはずだ。そして今年はボレーがとてもよかった。ナルちゃんが20代半ばになってもまだ進化を続けていることを確信した。

それにしてもツォンガ、怪我がなければもっともっとランキングも上がっていただろうに。一瞬でボールを読み反応していくセンスは抜群だ。サーブも凄いけれど、リターンの鮮やかさに感服した。

今年のマスターズ・カップにはマレー、デルポトロ、そしてツォンガという「新顔」がメンバーに入り、彼らが1年の最後にどんな戦い方を見せるのか、否が応でも期待が高まる。トップ3はかなり疲れているようなので、終盤になってから伸びてきたこの3人、ひょっとしたらひょっとするのではないだろうか。

いまだにナルちゃんが上海のメンバーに入れなかったことが諦め切れないが、とにかく彼が今年の目標として掲げたのは「最初のグランドスラム・タイトル、オリンピックのメダル、デ杯優勝」であり、そのうち2つはすでに夢を絶たれてしまったのだから、最後の1つくらいはもぎ取ってもらいたい。決勝の相手は強豪スペインだから油断はできないが、デルポトロもいるし、デ杯HP上の一般投票でも7割の人がアルゼンチン有利と見ている。ぜひ目標を達成して欲しい。頑張れアルゼンチン!
[PR]
by slycat | 2008-11-03 12:25 | テニス