ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ああ、US OPEN 2009

US OPENが始まったぞ〜!とテレビをつけたら、何とWOWOWの放送が終了していた。ブルーの画面に映る、デジタルではご覧になれます、などというメッセージが虚しい。慌ててケーブルテレビのカスタマーセンターに電話し、デジタルへの切り替えを申し込んだが、工事に来てもらえるまで1週間から2週間かかるという。「テニスを観るためにWOWOWに加入しているんですぅ、US OPENが終わっちゃったら意味がないんですぅ」と電話に出たカスタマーセンターの女性に泣きついて、何とか急いで対処していただいたが、それでも観られるようになったのは9月11日。マジで泣きたい。

神様が哀れに思ってくださったか(?)、ニューヨークは雨続き。そのためギリギリで準決勝や決勝には間に合ったのだが、その間に新星が現れたり、サフィンや杉山が引退表明したり、今年は絶対タイトルを取ると信じていたマレーが負けてしまったりと、さまざまな事件が起こっていた。見逃したのが悔やまれてならない。

ナダルは残念だった。さっさとグランドスラムを達成すると思っていたんだけどなぁ。まだマスターズ1000の大会がいくつか残っているが、できればもっとじっくり身体のコンディションを整えて欲しい。ロディックも残念! マレーも……。予想は外れっぱなしだ。

4月に会社のごたごたが一段落したのはいいけれど(問題の人は円満にクビになった)、後始末や新しい案件で急に忙しくなり、週末に出張が入ったりするものだからテニスの試合をあんまり観られない状態が続いた。情報収集もままならず、クライシュテルスが復帰したのも直前になるまで知らなかった。仕事に振り回されるなんて、ほんとに格好悪い。

それにしてもクライシュテルスは凄いじゃないですか。このままずっとテニスに戻ってくれるのであれば、女子テニスもだいぶ面白くなること間違いない。エナン・ファンとしては実はかなり複雑な思いもあるのだが、とにかくプレーがとても素晴らしく、心地よかったので、ここは素直に拍手を送りたい。優勝おめでとうございます(お嬢さんも超可愛い)。

<女子準決勝>
準決勝でのセレナ・ウイリアムズには驚かされた。彼女が線審に対して言った言葉は全く聴き取れなかったが、あのジェスチャーはフツーに怖かった。ネットのところまで行って「殺すなんて言ってない、Are you serious?」と言ったのは聞こえた。何が何だかわからなかったが、その前にラケットを地面に叩きつけた時点でwarningを取られていたのでポイントを失ったのだということだ。決して褒められた行動とは言えず同情はできないが、それでもスッとクライシュテルスのところまで歩んでいき、握手して去って行ったのは美しかった。あのまま怒りに任せて対戦相手に言葉もかけずに去っていたら目も当てられない。
 試合後すぐにテニス・サイト(Xtreme Tennis)に行ってみたら早速記事が上がっていて、物凄い数のコメントが書き込まれていた。なかなか面白かった。意外に多かったのは、「あの局面で審判がフットフォルトを取るなんて信じられない」という意見。正直なところ、私にはフットフォルトというものがよくわからないので(結構みんなラインを踏んでいるように思う)、まぁそうかなぁとも思うのだが、それにしても怖かったもの、セレナは。後は当然「キムに気の毒だ」という意見が大半だったが、だんだん人種問題にまで発展してしまって、コメント欄はぐだぐだになっていた。
 セレナは、ああやって感情をストレートに表現するところが彼女のよさでもあるのだけれど、非常に勿体ないことだった。クライシュテルスは記者会見でも立派だったし、テニスというスポーツはまず自分の感情を制することが必要なんだということを、余計な言葉抜きで見せてくれたと思う。

<男子準決勝>
会社のスペイン事務所から同僚が来日したので、早速「ナダルって本国ではどう?」などと聞いてみたら、予想どおり国民的アイドルだそうだ。向こうではKIAのCMなどにも出演しているという。「ナダルって動物系で可愛いよね」と盛り上がったが、残念ながらデルポトロにコテンパンにされてしまった。今回の準決勝では、ジョコビッチの頑張りが印象に残る。ようやく来たブレイクチャンスに、これでもか、これでもか!と強打していったところが特によかった。今大会では調子がよさそうだったので期待していたのだが……2児のパパとなったフェデラーはますます強かった。

<決 勝>
女子のほうはもう、何も言うことがない。クライシュテルス強し。あんまり強いのでちょっと悔しい、エナンの馬鹿……。ダベンポートといい、クライシュテルスといい、一流選手はいったん育休を取っても十分復帰できるということを証明してくれた。と言うか、いい選手にいいプレーを長く続けてもらうには、時にブレイクも必要なんじゃないか。そんなことを考えた(だから、エナン……)。家族で勝利を祝うクライシュテルスの笑顔、2005年優勝のときよりもさらにきれいだった。

男子は……。デルポトロがここまで強くなったとは。てっきりフェデラーが来ると思っていた(何しろパパだから)。サフィンがサンプラスを破ったときのような衝撃、かもしれない。しかしここでもことを複雑(?)にするのは、同じ国の出身で常にイイ線行っているのになぜかグランドスラムを取れないナルバンディアンの存在である。彼より先に、デルポトロが取っちまった、その事実に打ちのめされる。最近全然姿を見られないし……。
 愚痴はさておき、デルポトロは同じグランドスラムの大会でフェデラーとナダルを破った最初のプレイヤーになるそうだ。そう言えばそうだった。ジョコビッチが全豪で優勝したときはフェデラーを倒したけれどナダルとは対戦しなかった。そのほかの大会ではフェデラーかナダルか、どちらかが勝っているんだから。これはひょっとして、ひょっとするのか。2010年はデルポトロの年になってしまうのか? 何はともあれ、おめでとう、デルポトロ。先輩には優しくしてあげてね。

何だか中途半端になってしまったが、前半観られなかったので仕方がない。来年はデジタルだから全放送を観られるんだし、それを楽しみに年明けを待ちたい。
[PR]
by slycat | 2009-09-15 12:23 | テニス