ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

楽天オープン決勝

10月11日(日)、快晴。有明に楽天オープン決勝の試合を観に行く。予定ではマレーを観るつもりだったのだが、ユーズニーとツォンガのカードもまた魅力的。途中台風が来て選手たちも大変な思いをしたことだろう。1週間戦い続けてこの日を迎えた2人に改めて敬意を表したい。

運良く取れたコートサイド席。端っこではあったけれど前から4列目、選手が間近に見えるいい席だった。今年はスポンサーが楽天になっていろいろと変化があったけれど、席に着こうとしたらそれぞれの椅子に真っ赤なジャケットが置かれていて(まぁ当然貰えるものだと思って貰って帰った)、この日は物凄い暑さだったので脚が焦げないように膝掛け代わりにしていたのだった。背中にデカデカと楽天OPEN 2009とプリントされており、う〜ん近所に買物に行くときくらいしか着られないかな。
f0061021_0545466.jpg



今日の審判はノーム・クリストさん。金曜日は2試合連続で主審を務めるなど大活躍だったが(2試合続けてあの不安定な審判席に座るのって、あのお年で大丈夫だったのだろうか……)、この日はきちんとブレザーを着込んでダンディな雰囲気であった。
f0061021_129533.jpg



今年も松岡修造氏がMCを務めており、正直言ってうるさくて堪らなかったが、選手入場の際の拍手の仕方など指示して会場を盛り上げた。彼が、選手たちがコート上ブルーのところまで来たら拍手を開始しろ、と言うのでみんなそれに従ったけれど、入場してすぐに拍手がなかったのでユーズニーが変な顔をしていた(拍手が始まると苦笑した)、とは息子の証言である。
f0061021_104075.jpg



ランキングから言えばツォンガのほうが上だし、前日非常によいプレーをしたとのことで、やっぱりツォンガが勝っちゃうのかな、でもここまで来たらユーズニーに頑張って欲しいな、などといろいろ考えながら彼らのウォーミングアップを眺める。
f0061021_124996.jpg

f0061021_13295.jpg

f0061021_132131.jpg



それにしてもこの日は滅茶苦茶暑かった。革ジャン着て行ったので地獄だった。だらだら汗が流れる。おまけに帽子もサングラスも忘れたので、日焼けが怖かった。選手も暑かったと思う。息子が「可哀相なのはボールボーイだ。手をやけどする」とのたまった。

最初はユーズニーのほうが落ち着いてプレーしている印象だった。ツォンガはミスが多かった。しかし何と言うか、ツォンガのパワーは半端じゃない。やはり軽々と200キロ台のサーブを打てるというのは強力な武器だ。かといって身体が重いわけではなく、華麗な脚さばきでネットに出るタイミングも早い。何とかイーブンのまま進められればユーズニーにもチャンスがあったかもしれないが、第8ゲームをブレイクされてしまった。これが勝負の分かれ目で、第1セットはツォンガが取った。
f0061021_113342.jpg

f0061021_113229.jpg

f0061021_1134044.jpg

f0061021_1135440.jpg

f0061021_114738.jpg

f0061021_1141796.jpg

f0061021_1142797.jpg

f0061021_1143853.jpg

f0061021_114536.jpg

f0061021_115310.jpg



第2セットに入ってもツォンガの勢いは止まらなかった。何とかブレイクしてフルセットに持って行って欲しかったんだけどなぁユーズニー君。いいドロップショットを打ったのだけど逆にパッシングされちゃうし、頑張って打ったボールがネットに嫌われちゃうし、なかなか巧く行かなかった。ヒューイット戦の疲れが残っていたのか、今日はアンラッキーな日だったのか……。またブレイクを許し、スコアはツォンガの6-3、6-3。欲しかったであろうタイトルはユーズニーの手には入らなかった。

ちょうど我々の席のすぐ右側のロイヤルシートにツォンガ陣営が座っていたのだが、ツォンガが走って来た。パイプ椅子を使ってコーチらのところへ。どこに座ってるの、という写真だが、ロイヤルシートのへりの部分である。優勝の喜びを分かち合う風景、いいですねぇ。
f0061021_1242723.jpg

f0061021_1244045.jpg



優勝するとサインボールも打つしインタビューもあるし、ホントに幸せいっぱいの忙しさなのだが、敗者はヒマである。ユーズニーの哀愁の背中……。
f0061021_1325380.jpg


f0061021_131485.jpg



昨年ダブルス優勝で敬礼を見せてくれた、同じコートで、今度はファイナリストとしてスピーチしたユーズニー。だけど日本が好きで、また来たいと言ってくれた。そしてツォンガのスピーチ。フランス人がこの大会で優勝するのは初めてだそうだ。今年はなぜかフランス人選手がたくさん来てくれて楽しかったが、これでさらに日本人気が高まり、みんなが喜んで来てくれるといいなと思う。
f0061021_1374075.jpg

f0061021_1374969.jpg



勝ったのはツォンガなのに、何となくユーズニーのことばっかりになってしまった。これも日本人特有の判官贔屓体質ということでお許しください。

追記:テニスについて、いつも頼りにしているタケゾウさんがツォンガのコーチがジャン・ピエール・レオに似ていると仰ったので、写真を追加してみました。イケメンですよね。
f0061021_09436.jpg


[PR]
by slycat | 2009-10-12 01:42 | テニス

楽天オープン:その2

10月9日(金)、有休を取って楽天オープン準々決勝を観に行く。本当は第1試合から観るつもりだったのに出発が遅れてしまった。9月のシルバーウィーク辺りから風邪を引きっ放しで(インフルエンザ検査は陰性だった)、この日の明け方にも喉と鼻に猛烈な痛みを覚えて飛び起き、寝不足に。病院で薬をもらい、息子が学校から帰ってくるのを待って2人で有明を目指す。

すでにヒューイット vs ロジェル・バセランの試合は終わっており、ユーズニー vs ベルディヒ戦が始まっていた。第1セットはユーズニーが先取、ベルディヒは苦戦しているようだ。
 昨年はダブルス決勝でそのプレーを見せてもらったが、シングルスでのユーズニーをまともに観るのはこれが初めて。緩いボールを打つかと思えばいきなり叩くなど、なかなかの曲者と見たが、特にバックのスライスは何か風変わりで個性的だ。サーブも、無茶苦茶速いというわけではないがコースや球種がよいのだろう、ベルディヒは打ちにくそうにしていた。それにベルディヒは、体調が悪いとか怪我をしているとかいうわけではなく、何か自分のペースが摑めない、という感じがありありだった。
 しかしさすがはベルディヒ。一時はあっさりユーズニーが勝ってしまいそうだったのに、じわじわとポイントを詰めていき、ユーズニーを苛立たせる。しかしユーズニー君、気合いで危機を脱した。自分に腹を立てて自滅してしまうかとハラハラしたが、フットフォルトのコールにもめげることなく、タイブレイクを制して嬉しい勝利。満面の笑顔で敬礼ポーズを決めた。いやぁ、これが見たかったの。やっぱりユーズニーと言えばこれですね。
f0061021_2253243.jpg

f0061021_22534094.jpg

f0061021_22553962.jpg

f0061021_22542339.jpg

f0061021_2254455.jpg

f0061021_2255822.jpg

f0061021_22555254.jpg



続くカードはグルビス vs ツォンガ。これも楽しみな対戦だ。もちろん初めて見る生試合。グルビスはテレビで見ているとおりの印象だったが、ツォンガのほうは髪の毛が伸びてちょっと雰囲気が変わっていた。いい写真が撮りたかったのだが、腕がないのでうまくいかない。サーブのとき、トスを高く上げるタイプの選手だとチャンスがあるのだが、ツォンガは比較的低いトスでいきなりパーン!と打つタイプなので難しかった。
 最初はツォンガのほうが何か今ひとつ調子が出ないという雰囲気で、グルビスがとっととセットを取ったのだったが、第2セットに入るとツォンガの力が目覚め、グルビスもダブルフォルトなんかしてしまってイーブンに。第3セットはお互い意地の張り合いのようなショットが連続してみられたが、グルビスのミスが目立った。逆にツォンガのほうは、いつもテレビで見ているまんま、自分のペースを摑んで伸び伸びとプレーしていた。結構冷静に頑張ってきたグルビスだったが、さすがに自分のミスに苛立っていた。思わずポーンと打ったボールは高く上がって客席へ。ノーム・クリストさんに警告をいただいた。
 グルビスのプレーを間近で観られたのは、今回とてもラッキーなことだった。本当に、計り知れない才能の持ち主なんじゃないかと思う。恐れを知らぬ若さに思わず溜息。いや〜勝って欲しかったんだけどな。パワー溢れる2人の対決は、経験の差が出たかツォンガの勝利。試合後のインタビューでラケットを抱きしめていたのが可愛かった。
f0061021_013495.jpg

f0061021_014399.jpg

f0061021_015289.jpg

f0061021_02344.jpg

f0061021_02163.jpg

f0061021_022867.jpg

f0061021_023945.jpg



だんだん観るのにも疲れてくる頃、ちょっと一服した後戻ってくると、モンフィスとバブリンカの試合が始まっていた。これまた対照的な2人である。意外にガッチリした体格のバブリンカに対して、モンフィスの細いこと。
 チェンジコートまで自分の席に行けないので出入り口で待っているとき、「バブリンカ、地味!」という声が聞こえたが、いやいや派手な黄色いシャツで頑張ってるし。サーブもストロークもかなりのパワーが感じられた。前のグルビス/ツォンガ戦がテンポよくトントンと進んでいったのに対して、この2人の試合はストローク戦になり観ているほうの体力も奪った。第1セットはバブリンカが先取。
 しかしモンフィスはただちに頭を切り替え、サーブ&ボレー戦法に。ラリーの中からもチャンスと見ればすかさずネットへ。脚に自信がなければ怖くてとても前には出られないと思うが、凄い身体能力を見せつけた。これですっかりリズムが狂ってしまったバブリンカ、しかも絶対にウイナーだと思われるボールが次々と返されてしまい第2セットはモンフィスが取る。
 第3セットになっても、勝機はバブリンカから離れてしまい戻ってこなかった。転んだりスプリットを見せたりとモンフィス、怪我はしていないかとドキドキさせられたが、ゲームの流れは終始モンフィスのほうへ。おとなしそうに見えるバブリンカが、さすがに頭に来たのかラケットをへし折る場面も(いつも怖い顔のグラフさんが淡々とウォーニングを取った)。どちらにも勝って欲しかったが勝者は1人。コートを去るバブリンカ、その手が握る壊れたラケットに哀愁が漂っていた。
f0061021_0185786.jpg

f0061021_0191078.jpg

f0061021_0193026.jpg

f0061021_0194191.jpg

f0061021_020511.jpg



準決勝はテレビで観ざるを得なかったが、何とユーズニーはヒューイットを破って決勝進出ではないか。あぁちゃんと第1試合から観ておけばよかった、ヒューイット見損なっちゃった、と後悔しきりだが、ユーズニーをもう一度観られるのは嬉しい。今回、マレーもフェデラーも来なくてがっかりだったけれど、ちゃんと収穫はあったのだった。決勝も楽しみ。
[PR]
by slycat | 2009-10-11 00:25 | テニス

楽天オープン:その1

いつもお財布の中身が寂しいので、今年のジャパンオープンも2日分しかチケットをゲットできず。息子が「サントーロが観たい!!」と喚いたが、例えば彼が水曜日あたりで姿を消すとして(失礼、でも本当にそうなりました)、週の半ばに有休を取るのは難しく、あっさり却下。金曜日と日曜日の試合を観に行くことにした。しかし、ひょっとしたら公開練習に出てくれるかも……ということで、今年は初めて日曜日のイベントに出かけてみた。

行ってみたら、残念ながらサントーロは公開練習には参加せず。一度入り口に顔を出したらしいが、西側の席にいたので全然見えなかった。
 爽やかな天気で、練習には最適。席に着くと、鈴木貴男とステパニクが練習試合をしていた。ステパニクはテレビで観るより若々しい。最後のサーブではボールを一度にたくさん持ってトス、相手の貴男も思わず笑ってしまう茶目っ気を見せてくれた。

f0061021_1453332.jpg



次に登場したのはヒューイットとベルディヒ。前回ヒューイットを見たときは、チェコのノバクとの準決勝だった。あのときも台風で大変だったっけ。ノバクに振り回されているヒューイットに対してあれこれ悪口を言っていたら、前の席の人に注意されてしまった。今から考えると確かに我々が悪い。せっかく大好きな選手を観に来たのに、後ろから悪口が聞こえてきたらうるさくて堪らないよね。大変失礼しました(最近はマナーを改め、選手にとってポシティブなことだけ口にするようになった)。

ベルディヒはディフェンディング・チャンピオン。そしてヒューイットは言わずと知れたNo. 1経験者。これは本番の試合でなくたって観たい。「ヒューイットが赤いシャツを着てるのがいいな」と息子。何となく、勝負への気合いを感じるという。まぁ練習なんだけどね。練習なんだが、ヒューイットは非常に調子がよいようだった。特にサーブがいい。そして、滑ってヒヤリとする場面があったものの、往年のフットワークが戻ってきた(と言うとこれまた失礼なのだが)ようでキビキビとした動きが小気味よかった。
f0061021_1514822.jpg

f0061021_15143487.jpg

f0061021_15145868.jpg

f0061021_15151380.jpg



ベルディヒは、昨年同様落ち着いた感じで、おとなしく白いシャツで登場するあたりがまた可愛らしい。「よいサーブを打つコツは?」などとインタビューされて、「難しい質問です」などと謙虚に答えていた。
f0061021_15385487.jpg

f0061021_1539766.jpg

f0061021_1539195.jpg



そしてたっぷり練習して、コートを去る際。ファンがサインを求めて殺到した。ヒューイット人気健在。もちろんベルディヒだって人気抜群なのだが、ヒューイットに会いたくてこの日会場に駆けつけた人は多いと思う。そんなファンの希望を叶えるべく、2人は丁寧にサインを続けていた。2人ともナイスガイぶりを見せつけた。
f0061021_15441256.jpg



そして次に練習するのは、ハイ、お待ちかね、デルポトロとフアン・モナコの登場である。見た目とプレースタイル的に、私としてはモナコのほうが好みであるが、やはり何と言っても今年のUS OPENの覇者たるデルポトロ、貫禄が出ちゃったな〜という感じ。何年か前のAIG OPEN、確かロブレドとの試合だったと思うが、自分のプレーに納得できずに少々キレ気味だった頃とは雲泥の差がある。オトナになったよね。
f0061021_15563322.jpg

f0061021_15564612.jpg

f0061021_1557134.jpg

f0061021_15571698.jpg

f0061021_15572594.jpg

f0061021_15573570.jpg



最後はユーズニーとバブリンカ。昨年ダブルスで優勝したのが日本に対する好印象となったのか、今年も来てくれたユーズニー(鈴木貴男と一緒に大会の進行役を務めていた方(お名前は失念)が、YouTubeにユーズニーの衝撃映像があると言っていたので帰宅してから早速チェックしてみたら、流血で凄いことになっていた)。練習試合と言えども気は抜かず、熱血漢をアピールした。バブリンカは、「北京オリンピックでフェデラーと組んで金メダルを取った人」という紹介のされかたに納得がいかなかったものの、わーテレビとおんなじだぁ、とミーハー気分を盛り上げてくれた。やはり生で観ると光るものがある。
f0061021_16311226.jpg

f0061021_16312561.jpg

f0061021_1631414.jpg

f0061021_16315945.jpg

f0061021_16321488.jpg



残念ながらフラッシュを焚かずに撮っていると、日が落ちてしまい暗くなってきたらブレブレで使える写真がほとんどなくなった。

初めて日曜日のイベントに行ってみたが、練習というのも観ていてなかなか面白い、ということがわかった。来年も時間があれば行ってみたい。今度はもっといい席で……(サイン欲しいし)。
[PR]
by slycat | 2009-10-10 16:36 | テニス