ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:RPG ( 4 ) タグの人気記事

久々にRPG

秋も深まり,読書に勤しむのもよいのだが,最近は文庫本ですら1,000円以上する。悪い癖で本をゆっくり読むことができないため,本代が馬鹿にならない。

ゲームソフトは高価なような気がするが,何時間も遊べる,という点ではなかなか手軽な娯楽である。というわけでまずは『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』を始めてみたが,やっぱりキャラが可愛くないし(というか,気色悪い),登場するほかのキャラとの関わりすべてが金,金,金で気分が殺伐としてしまい楽しめなかった。
 しかものんびりプレーしていると変な女が現れ「ルピーをかき集めてタワーに行け!」などと口やかましく命令してくるのでうんざり。結構売れたゲームソフトみたいだが,実際にプレーした人たちは苛々しないんだろうか? みんな指示が飛んでくる前にさっさとクリアしてるのかなぁ。
 昔「三国志」もののシミュレーションに手を出したとき,部下が直接お願いに来る「直訴システム」採用!などとパッケージに書かれていて面白いかな,と思ったのだが,四六時中誰かが「給料を上げてくれ」「昇進させてくれ」と言いにくるのにはホトホト参った。コンピュータに指図されるのは御免である。

さっさと投げ出して,今度は『テイルズ・オブ・ザ・テンペスト』に鞍替え。今度はキャラが可愛らしいし(息子と同い年の設定だ…),特に目新しいところはないが,かえってそこに親しみがもてる。
 初めてプレーしたRPGはドラクエ3だったので幸福な出合いというべきだろうが,RPGなら何でもよいというわけにはいかない。個人的に楽しめる条件は以下のとおり。

キャラクターが見るに耐えられること,できれば可愛い(きれいな)こと
ファミコンの『ウィザードリイ2』に手を出したら,「壁」しか見えない(壁すら見えないことも)ので飽きてしまった。キャラはちゃんと描かれているが顔が見えないようにしてあるゲームがあり,それは大丈夫だった(作品名は忘れた…スーファミ時代)。

ストーリーに救いがあること
あまりに残酷な運命には耐えられない。

基本的にハッピーエンドであること
クリアしなければわからないので,最後の最後でブチ切れることがある。「ハッピーエンド」にもいろいろ定義があると思うが,私の場合「努力」が報われない結末は我慢できない。例えば『MOON』と『クーロンズ・ゲート』は好みに合わなかった。

操作しやすいこと
ふつうRPGとして売られているゲームは,せいぜいキャラをスティックや十字キーで動かし,コマンドを入れるだけでよいので特に問題はないのだが,「アクションRPG」は苦手だ。『ゼルダの伝説』シリーズは大好きだが,うまく操作できないためにクリアに半年以上かかってしまったことがある(……どうしても最後のボスを倒せないので諦めて放置し,ある日ふと思い出して挑戦したらあっさり倒せたことも)。『武蔵伝』は最後の場面で何十回と死ぬうちに嫌気がさした。

これに加えて音楽がよかったりすればさらに評価は高まる。

さて肝心の『テイルズ・オブ・ザ・テンペスト』,シナリオのテンポがよくてなかなか好印象。ストーリーも,こーいう時代だから特に子供たちにはいいんじゃないの。しかし戦闘のシステムにいまだ慣れない。うまく敵のところに近づいて攻撃したいのだが,なんだかオタオタしているうちにパーティのメンバーが倒してくれちゃったりしている。かといってオートにするのもつまらないし…。DSが持ちづらいのもオバサンにはきついところだ。

うまく操作できない…という問題を抱えているところに,新たな困難が待ち受けていた。変なパズルが出てきたのである。パネルを規定の回数内で動かし,元の絵を完成させるというものだ。こういうのは全然駄目なのに…。これってクリアしないといけないのかな?
[PR]
by slycat | 2006-11-07 17:36 | 日常のこと

MOTHER 3終了

う〜む。

こんなに早く終わらせるつもりはなかったのだが。終わってしまった。

終わってしまって、ひと言。「これは大人のゲームだ」。

だから……。

MOTHER 3は封印します。息子にはプレーさせたくない。どこかに隠そう。

可愛い子には旅をさせよ、と言いますが。

糸井さん、いつからペシミストになったの? 絶対MOTHER 4を作ってよね。

   ***********************

ひと晩明けて、寝る前に書いた文を読み返すと、「ペシミスト」というのは違うな、と思った。このゲームが絶望的な世界観の上に成り立っているわけではないのだから。
 ドラゴンクエスト・シリーズが「堀井雄二氏」という頑ななまでの「良心」に貫かれてできあがっているとしたら、MOTHERシリーズは糸井重里氏の頭の中にある「テーマパーク」から飛び出してきたものなのだろう。今回の「3」は、その遊園地の1コーナーに過ぎないのかもしれない。そうだとすれば、今回は見事にしてやられた!というところ。振り回されました。

「ほぼ日」に掲載された糸井さんのインタビューを読んだら、MOTHER 4は「ない」という。がっかりだが、MOTHERを超えた新しいゲームがお目見えする可能性がないとはいえない。その時を楽しみに待っていよう。たとえ50歳、60歳になっても……。

しかし、手に入れたものの使い方がわからなかったアイテムがいっぱいあるのだ。どうしよう。もう1回「3」をやるしかないのかな?
[PR]
by slycat | 2006-05-03 23:01 | 日常のこと

メイデー!

連休の谷間。陽気もポカポカ、通勤電車はやっぱり空いているし、何だかよい気分。クライアントはみ〜んな休みなので、突然の電話もない。やることやってサッサと帰ろう、と出社した途端にリラックス・モードに入っていると、静寂を破っていきなり「ハンタ〜イ! ハンタ〜イ!」の声が轟いた。少し前に、右隣の人と「最近メイデーって話題に上りませんねー」などと話していた矢先だった。

会社は明治通りに面しており、そこをさまざまな労組が行進していく。昼休みに渋谷東口のビックカメラにゲームボーイ・プレイヤーを買いに行ったのだが、そのときは「荒川区職労」の上りを立てた人たちがいた。ちょっと年配な感じだった。

何だかいろいろなことに反対しているらしいが、「反対!」しか聞こえず、何だか気が散る。外に出れば、公務員削減とか最低賃金を守れとか言っている言葉が聴き取れるのだが、室内にいるとよくわからない。
 左隣の若い同僚がポツリと、「あの人たちが本当にアピールしたいと思っている相手は、海外旅行かなんかに行ってて、連休中はいませんよねぇ」。確かに。シュプレヒコールが空しく響く。

結局7時頃まで仕事をして、やっと手に入れたゲームボーイ・プレイヤーをゲームキューブにセット。しかしどうやら、ゲームは終盤に差し掛かっているようだ。もっと早く買えばよかったな。やっぱり大画面で見ながら操作するほうが易しい。

実はラストダンジョン手前でストップしたまま放置してあるゲームがたくさんある。「さぁ、これが最後の闘いだ! ○○に乗り込もうぜ!」という台詞が出てくると、気持ちが萎えてしまうのだった。そして放置すると自分が何をやっていたのか思い出せなくなり、そのままになってしまう。そろそろやらなきゃ、と思い立ったときはすでに遅し、目的すら忘れており最初からやり直さなければならない。

もちろんMOTHER 3にかぎってそんなことは絶対にNOだが、わずかな間とはいえ、一緒に旅してきた仲間と別れるのがつらい。ゲームの意図やテーマが明らかになってしまうのが怖い。おかしな反応だということはわかっているのだが……。

第8章に入って、また少し暗い気持ちになってきた。チョコが可愛いから救われているけれど。糸井さんはエンディングをどこに引っ張っていくつもりなのだろう。知りたいような知りたくないような。
 ぐずぐず考えながらやっていたら、もう何度目かも数えられないが、うっかり全滅してしまった。Mayday! 助けが必要なのは私である。
[PR]
by slycat | 2006-05-02 02:15 | 日常のこと

MOTHER 3開始

週末は仕事にモンテカルロ観戦と忙しかったが、それでも我慢できずにMOTHER 3に手を出した。1、2とはだいぶ変わったようだ。

一番大きな変化は主人公が誰だかわからない、ところ。キャラクターがたくさんいて、名前を考えるのに苦労した。仕方がないので、歴代ハムスターの名前を次々につけていった。
 お金がいらないのは有難い。セーブポイントがたくさんあるのも嬉しい。だけどちょっと話が深刻になったかもしれない。そこは少し残念だ。

第1章は割合サクサク進んだ。考えてみると、こんなに年齢の高いキャラクターでゲームをプレーするのって初めてかもしれない。最近のゲームって、主人公の年齢設定が13〜18歳で「マジですか?」と言いたかったのだが(キャラクターが108人もいる幻想水滸伝でさえ、私より年下を見つけるのは難しいぞ)、これなら中高年ゲーマーも受け入れやすいね。

第1章の終わりは切なかった。何だかすっきりしないまま第2章へ。今度は比較的明るい内容でホッとしたが、3回も戦闘不能になってしまった。う〜むこれはいかん。敵が強くなってきたが第1章のキャラクターとは戦闘方法が異なるので、あの手この手を使ってやっと抜け出す。が、それで終わりにはならずに再び出発。今度は道連れができたが平均年齢はさらにアップした。いやでも、この道連れは面白い。人のいないところでコソコソやらないと、「ブフフフ…」などと変な笑いが洩れてきて怪しい者と思われる。

第2章まで終了し、やはり我慢ができずに某攻略サイトを覗いてみたら、不覚にも第1章で武器をひとつ取り損なっていたことが判明した。しっかり確認しながら進めたつもりだったのに残念。

気を取り直して、第3章へ。ゆっくりやりたいのに気が急いてしまう。罪なゲームである。f0061021_047261.jpg
[PR]
by slycat | 2006-04-24 15:02 | 日常のこと