ミステリ・テニス・ハムスター・モルモットについてあれこれと……
by slycat
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ハムスター
テニス
ミステリ
日常のこと
音楽
その他スポーツ
大相撲
映画
小説
ドラマ
高校受験
文楽
旅行
ウサギ
モルモット
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
最新のトラックバック
東レPPO 2007
from More to life
華麗なる敗者
from la mer | アンディ・..
ハムスターの飼育の基本
from ペットの飼育 ペットとの生活
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
矛盾だらけの大相撲
from ゆっくりゆっくり 音楽でも聴..
「ナチョ・リブレ 覆面の..
from じゃがバタ~ 映画メモ
ハムちゃん夏ばてしてませ..
from ペットは犬?いやいや私はカメ..
MOTHER3プレイ開始!
from More to life
「ひよこはなぜ道を渡る」..
from 読書とジャンプ
私はこのダイエットで成功した
from 私はこのダイエットで成功した
お気に入りブログ
More to life
はむぅの宴
la mer | アンデ...
よる記。
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


オジサン/坊や対決

US OPEN 2007 2nd Rnd, A. Murray d. J. Bjorkman 5-7, 6-3, 6-1, 4-6, 6-1

住んでいるマンションは建物全体でデジタル放送(ケーブルテレビ)が見られるようになっているのに、業者を呼ぶ暇がないためいまだにアナログの我が家。WOWOWの放送も1日2時間しか見られない。自分のズボラを棚に上げてWOWOWはケチ臭いぜ、と不平を言いながらも、夕べのカードは嬉しかった。勝手に天才と信じているイギリスのマレー君と、大がつくベテラン、ビヨークマンの対戦である。

夏休みの間にすっかり昼夜が逆転した息子とともに観戦(月曜からちゃんと学校に行けるのかね?)。息子はビヨークマンを熱烈に応援している。普通、若い人たちは自分と同世代の人間を応援するんじゃないかと思うのだが、我が子は若いプレイヤーにはあまり興味がない。片や母はミーハーなので、若いマレー君を応援。怪我で大事なウインブルドンを欠場している間に、お兄ちゃんのジェイミーは先に同大会のミックス・ダブルスで優勝した。今年最後のグランドスラムではしっかり結果を出してもらいたいと願っている。

マレーは、ちょっと見ないうちに髪の毛も長くなり(このほうが好き)、「失うものは何もないぜ」という風にサッパリとした顔をしていた。ビヨークマンのほうは、相手のサーブを待つ短い間にも、闘志ギラギラに見える。
 久しぶりの大舞台で勘が戻ってこないのか、最初は特に悪いとこもないものの、やや精彩に欠けたプレーのマレー君。後で思えば、闇雲に打つのをやめ、力を抜いて賢くプレーできるようになった、ということだったようだが。
 いかにも大人なフィットネスのビヨークマンに対して、マレーは細くていかにも幼く、まだまだ坊やの雰囲気である。試合巧者のビヨークマンは今大会最年長プレイヤーだけあって、足下に突然難しいボールが来ても慌てない。コーナーへの鋭いショットにもきっちり対応。鍛えてるなぁ、35歳。1セット目はキープ合戦だったが最後でビヨークマンが強さを見せブレイク、7-5で先取。マレー君、まだ本調子じゃないかなぁ、負けるかなぁ、と思いながら見ていた。
 しかし2セット目はビヨークマンにミスが出始め、マレーのショットが冴えてきた。積極的なリターンで2ブレイク。6-3でマレーが取った。

3セット目はマレー君があっさり取ったようで(ダイジェスト放送なので詳細はわからず)、オジサンも力尽きたか、と思われた。しかし4セット目にベテランが意地を見せる。
 マレーの調子は上向きで、サービスエースも増えてきた。しかしダブルス世界ランキング6位(勿論1位の経験もあり)のビヨークマン、さすがに技が豊富だ。ネットに出れば何種類ものボレーが決まるし、強気のアプローチ・ショット、ベースラインからのダウン・ザ・ラインとマレーを振り回す。
 最初はおとなしかったマレー君もだんだん苛々してきて、ブツブツとひとり言を言ったり、主審のジャッジに文句をつけたり。観客席のギルバート・コーチが映ると、「やれやれ、また始まったか」という顔をしている。4-6でビヨークマンがセットを取り、試合はファイナル・セットへ。

勝負がどちらに転ぶのか、わからなくなったな、と思ったのだが、ビヨークマンの奮闘はここまで。意外なほど自分を見失わなかったマレーが3回戦に進んだ。次の相手は韓国のリー、これも集中力の切れない曲者なので、先にイラつくようなことになったらマレーはおしまいだな……。少々不安があるが、思っていたより調子もよさそうだし、何より途中でやる気をなくすような悪い癖は出なかったので、次も期待したい。

同じ日、もうすぐ33歳の誕生日を迎えるティム・ヘンマンが14年のプロ・テニス人生にピリオドを打った(まだデ杯があるけれど……)。ヘンマンがいなくなるのだから、マレーには気持ちを引き締め直してイギリス・テニスを引っ張っていってもらいたい。ヘンマンが果たせなかったウインブルドン優勝も、できればその手に……。でも願わくば「ヘンマン・ヒル」の名前はそのまま残してほしいなぁ。
[PR]
by slycat | 2007-09-01 16:18 | テニス
<< 4年ぶりの優勝、なるか? オーシャンズ13ーおじさんたちの底力 >>